滝

伊豆の大水源、天城山脈が生み出す自然の造形

伊豆半島の中央に伸びる天城山脈は、潤沢な水を貯える伊豆の大水源です。天城山は多雨地帯で、「雨木」という語が由来であるとする説もあるほど。伊豆半島には、豪快な大瀑布からひっそりとした穴場的景観まで、個性豊かな滝が点在しています。

河津川に沿って点在する7つの滝、その名も「河津七滝(ななだる)」

伊豆半島の東海岸、河津桜で有名な河津町には、約1㎞の区間に7つの滝が流れる名勝「河津七滝(ななだる)」があります。河津では、滝のことを「水が垂れる」 という意味で垂水(たるみ)と呼んでいたため、「ななたき」ではなく「ななだる」と呼んでいるそう。滝が流れる河津川沿いには遊歩道が整備されており、ゆったりハイキングをしながら絶景を楽しむことができます。

「天城越え」でお馴染みの浄蓮の滝は伊豆半島屈指の名瀑

明治時代に滝に降りる道が開かれるまでは、断崖と峡谷に阻まれ、人が容易には近づけない神秘的な滝とされていました。落差約25m、幅約7mの滝は見ごたえ十分。圧倒的な存在感に見上げてしまうこと間違いなし。「天城越え」の歌碑も設置されていますよ。

ひんやりとした空気と、渓流グルメで心身ともにリフレッシュ!

周辺にはマスやあまご釣りを楽しめる管理釣り場もあり、家族連れにもおすすめですよ。とれたて焼き立ての川魚は最高です!

スポット一覧

このサイトでは、ユーザーエクスペリエンスを向上させるためにCookieを使用しています。引き続き閲覧される場合は、当サイトでのCookie使用に同意いただいたことになります。 承諾する